スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先行き見えず。

J2降格から5日。

次々と色んなニュースを目にします。何かしら希望に満ちたグランパスの話題は無いか?と探していますが、
真逆の話題ばかり。それもそうか、ナーバスな話題が多いから降格したんだよ、うんうん…っと軽くは頷けない内容。

想像以上のフロント陣営の醜態。
久米さんの言う忍者の正体が分かり、その本人はグランパスの職員を続けるのかな。

そして、功労者への人情が感じない非情な戦力外通告。
年齢での体力の低下や技術不足云々、スポーツは結果が出るから戦力外は分からなくもない。
しかし新たな監督や方針が決定されていない現状で戦力外通告を送ることは、軽く切り捨てている様に見えてます。

グランパスを、名古屋グランパスと言うJリーグのクラブを、そしてサポーターを何だと思っているのでしょうか。
愛されたくないクラブ宣言という事でしょうか、サポーターからも選手からも。
スポンサーサイト

おかえり、闘莉王!

まずはじめに…
お帰り!闘莉王!!

昨年退団した闘莉王が戻って来た。
グランパスに尽力してくれた功労者を裏口から出すような退団で、凄く納得がいかなかった。
別れの言葉も言えないのはクラブに対して納得がいかなかった。
こう言った非常事態とは言え、またグランパスのユニフォームを着てくれるのは本当に嬉しく思う。
闘莉王も年齢を重ねて色々と衰えた部分は見え隠れしていましたが、経験と勝利への精神は誰よりも強い。

「こんな時に、闘莉王がいてくれたら…」
本当に多くのサポーターが思った今シーズン。
私もその一人で、想いが強すぎて7月ぐらいには戻ってくる夢まで見ました(笑)
本当に戻ってきてくれてありがとう。
登録の関係上、試合には出れないかもしれないが、コーチとして選手の傍で叱咤激励してもらいたい。

残り8試合。
…グランパスに縁がある8の数字、
グランパスエイト最大の危機を回避してもらいたい。

休養って何?

やっと小倉監督が休養と言う形で解任?されました。

12月初旬まで試合があれば8月末の監督交代も理解できますが、
今年の最終節は11月3日、文化の日です。以前はナビスコカップ決勝戦を行っていた日。

本当に遅い決断です。
遅くても、多くのサポーターが居残りしたホーム甲府戦後の惨敗時に決断すべきだったと思います。

17戦勝ちなし、
セカンドステージ 2得点17失点

インタビューや試合中の小倉監督の姿を見ていても、精神的にかなり参っている状態だったと思います。

ここまで小倉監督を引っ張った方、しっかりと責任とってくださいね。あと小倉監督を招聘したトヨタから出向している役員方々。
適材適所、その枠を超えると組織として大変な事となることを認識してください。
グランパスはトヨタだけの持ち物ではありません。
内部がゴタゴタしているスポーツクラブは結果に直ぐ出てきますよね、ドラゴンズ叱り…

で、休養って何?って突っ込みたいですが、去る人の事はまた後日。

とにかくボスコ監督に手腕を振るっていただきましょう!選手も奮起してください!!
来季もJ1で戦えるように!

2016 ファーストステージ終了

覗いていただいたグランパスサポーターの皆様、大変ご無沙汰しております。

1stステージが終了しました。終了してしまいました。
今シーズンは近年行けていなかったスタジアムへ徐々に足を運ぶことが出来ています。

IMG_5094.jpg

仙台@瑞穂 2-1
大宮@豊田 1-2
横浜@豊田 3-1
鳥栖@瑞穂 0-1
ガンバ@吹田 3-3

IMG_5866.jpg

久しぶりのアウェーも体験でき5試合観戦することが出来ました。
やはりスタジアムは楽しい!勝ち点3を取れた時の帰り道は足取りも軽々で「こんなに嬉しいものだとは!」と改めて思い出しました(勝利が少ないですけど)

今年の印象としては、ゴールネットがよく揺れるな~と言った印象。良くも悪くも(笑)
チャンスが少ない中で点が取れているのは良い事だと思います。
しかし、失点は本当に多い。前線や中盤でのボールの失い方も問題ではありますが、組織としての守備構成が出来ていない様に見えます。

攻撃に関しても、小倉監督が就任当初宣言していた「5人が連動するサッカー」は殆ど見られていません。
多くの選手が連動して相手を崩せるのは理想ですが、意思疎通も少なく連動性もない足元パスサッカー等でボールを失っているのが現状。せめて攻守の切り替えの意識を早くしてもらいたいと常々思います。

17試合が終わり、4勝5分8敗
勝ち点17
14位…降格圏と紙一重。

松本山雅からDF酒井が加入。レオシルバは失敗に終わったのかFC東京からハ・デソンの噂も。
しかし、新たに選手が加入しても、スペシャルな選手が来ない限り現状の小倉監督のスタイルでは非常に厳しい様に見えます。
GM兼任監督…やはり兼任できるほど軽い役職ではないはず。

小倉監督が続投な雰囲気ですので、今一度、スタッフや選手と話し合って攻守に意思疎通が観られるように組織を構築して、前線へその先のゴールを目指すサッカーをしてもらいたい。
そして、多くのサポーターがスタジアムに集まる信頼できるクラブへなってもらいたい。
セカンドステージの巻き返しに期待します!
IMG_5511.jpg

名古屋グランパス 2016年 始動。

グランパス愛する皆様、こんにちは。

◆名古屋グランパス 2016年始動

1月中旬からの始動。
以前、特にピクシーが率いていた頃は2月初旬から始動していたから、随分早く感じます。
ですが、時代の流れで試合日程の変更や、近年天皇杯が早期敗退(笑えない)していることを考えたら同然の動きですね。

小倉監督になり、メディアの露出も増えたような印象もあります。
知名度もありますし、年齢的にもスタジオへ呼びやすいのかもしれませんね。
新たにチームの顔ぶれも様変わりしましたし、限られた時間内にしっかりとチームを作ってもらいたいです。


◆退団した選手
外国人勢の総入れ替えとは聞いていたし、そろそろ入れ替えの時期だとは思っていたので思う事は少ないですが、
優勝メンバーであるダニルソンの行方は気になります。コロンビアに戻るとか聞きましたが、まだ30歳前。益々活躍してもらいたいです!
そして、本多、牟田の退団は正直驚きました。二人そろって京都。
牟田には期待していたのだけど…残念だ。
J1→J2にカテゴリーを落としてまでの移籍、まぁ頑張れ。


◆新たな加入選手
トップ、センターハーフ二人、両サイドバック、センターバック、ゴールキーパー
ここ数年で最も的確な補強だったと思います。
北欧からやってきたシモビッチとオーマン、タイから来てくれた李、外国人選手の能力はかなり未知数ですが、若返ったチームの中で明神の補強は良かったと思います。きっと田口に良い影響…あっ、磯村も(今年こそ頼むわ)


◆闘莉王の退団
闘莉王の退団はサッカー界でよく言う、ひとつのサイクルが終わった。そんな気がします。
2010年の優勝は闘莉王の存在はかなり大きい。グランパスへの功績は計り知れません。本当にありがとう。
闘莉王の居ないグランパス、若手が台頭して引っ張ってもらいたい。

例年、この時期は楽しみです。この楽しさが年末に向けてもっともっと楽しくなるように期待しています。
頑張れ、名古屋グランパス。
アーカイブ
プロフィール

鯱彦

Author:鯱彦
愛知県在住のサッカー狂。
タイトル通りグランパスサポ。
↓カテゴリの自己紹介でkwsk

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。